募集部門について

テーマは「新しい京都のデザイン」
提案する内容に関しては自由で規定はありません。
 

第1部門

建築・ランドスケープ・インテリアデザイン・ディスプレイ

第2部門

グラフィックデザイン・ポスター・ブック・パンフレット・イラストレーション・パッケージデザイン

第3部門

ファッションデザイン・テキスタイルデザイン・キモノ

第4部門

プロダクトデザイン・クラフト・雑貨デザイン

第5部門

映像

第6部門

課題① 伏見の清酒「都鶴」の訪日外国人に向けたラベルデザイン、またはラベルと外箱のセットでの提案
課題② 「京とうふ藤野」パッケージデザイン
課題③  新しい京の和文具 

詳細については「提出作品および提出製品について」をご覧ください。<▶︎こちらから>

▶︎個人情報について

応募者の個人情報は、「京都デザイン賞2018」の運営上の連絡や資料等の発送、関連する催し物のお知らせ、統計処理にのみ利用いたします。ただし、入賞・入選者の氏名等につきましては、公表する場合があります。

▶︎意匠権等について

京都デザイン賞応募作品に関する意匠権等の知的財産権、品質、性能、安全性等の要件、およびその販売、施工等に関して生じた問題に関しては応募者が責任を負うものとし、主催者は一切の責任を負いません。

京都デザイン賞への応募者、または受賞者あるいは第三者の間で生じた紛争については、主催者は一切の責任を負いません。